そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 落ち着くのはいいんだけど。 | main | ブラック・スワン ダーレン・アロノフスキー監督 >>



ラトリエ・ドゥ・シャルロット 山形市 

山形駅周辺をフラフラしてきたらあまりの人の少なさにびっくりしてしまいました。平日という事もあるのかな?
そんなわけで山形のお店を紹介していこうと思います。
第一回は何かいつもと一緒って気がするけど(笑)ラトリエ・ドゥ・シャルロットさん。ゲンズブール一家をこよなく愛するご主人の料理は見た目もきれいで、食べるのがもったいないくらい。とかいってバクバク食べますが(笑)。
今日はボルシチ、フランスパン、サラダ、パルメザンチーズスープ。小松菜バナーヌ。コーヒーをいただいてきました。これで¥1500弱。具だくさんのボルシチ^^やっぱ畑のある土地は違いますね〜。
シャルロットさんのケーキ類は甘さがしつこくなくてさらっしていて美味しいです。小松菜バナーヌもいいけどショコラもおすすめです。
今日のお店のBGMはエディット・ピアフ。いや〜山形にこんな素敵な空間があるんですねー。
シャルロット、ゲンズブール一家とか書くといろんなアートな感じのイメージがつきますが、お店に映画のチラシが置いてあるんですが『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』があるのがこのお店の魅力(笑)。

いつもは黙々と厨房で調理されているご主人が僕の所へやってきて『ゲンズブールと女たち』のチラシを渡してくれました。引っ越しの作業で観に行けない、チラシも手に入らなかったので嬉しいプレゼント♪山形にくるといいな。

山形にいらした時はシャルロットさんにぜひお立ち寄りください。

場所は山形市民会館の裏手。フォーラム山形の隣です。
posted by 永島大輔 21:59comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:59 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/998