そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 戦前の少年犯罪   管賀江留郎著  築地書館 | main | 濡れるのは恋人たちだけではない  Dear kumashiro  高野徹監督 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





夏の謎解き

僕の影が 自転車でアスファルト宇宙へ
ロケットみたいに はやく

ついた星は やわらかいから
ハズレの王冠を埋め込むのにぴったり
王冠を埋め込んだら

きみがだした 夏の謎解きをとく時間

きみがだした 夏の謎解きも 気になるけれど
きみの鎖骨に にじんでる汗も気になってる

夏の謎解きを とくことができたなら
僕には喫茶店のチョコバナナパフェ

冷房のきいた 喫茶店もいいけれど
きみの鎖骨から汗がなくなるから
微妙な空間だけれど 
喫茶店に流れる 空のむこうの音楽は
きみによくにあう

僕は 謎をとくべきか とかないべきか
違う季節の謎解きに悩んでいる



posted by 永島大輔 19:45comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 19:45 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/805