そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 本の背表紙が時計になる | main | 告白   中島哲也監督 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





コーヒー冬眠中。。。

だいぶ暑くなってきました。
暑くなったら飲みたいのがアイスコーヒーです。

この前、下高井戸シネマでフローズン・リバーを観た帰り道、南蛮屋さんでいただい
たアイスコーヒーがうまかった。
おいしいコーヒーって、コーヒーの油分がいい感じでとろっとしてます。
おいしい野菜や果物で作ったジュースのようにおいしい。
何かチョコレートのジュースみたいです。
ああ、こんなアイスコーヒーを毎日飲みたい…豆を買ったけど、なかなかあの味にな
らないなぁ…。やっぱ、そのつど挽かないとだめかなぁ。

コーヒーの淹れ方はいつもと同じで、淹れたら氷水の中にコーヒーが冷めるまでつけ
ておきます。
そのあと、冷蔵庫でコーヒーは冬眠中。

翌朝、そのままでもいいし、時には牛乳でわって、カリッカリッに焼いたパンをかじ
りながら飲むと最高です。


いつもおなじみの町で映画を観たり、コーヒー豆を買ったりして、何かほっとできていいけれど、たまには違う町に行ってみようかなぁ…。
コーヒー豆をいれるアルミ缶をバックにつめて。


posted by 永島大輔 20:25comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 20:25 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/769