そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< タルコフスキースキ! | main | ひさしぶりに山形へ >>



セロハン恐竜

「セロハン恐竜」   神谷トオル

 昨日の夜は雪野原にセロハン恐竜を見にいきました。
セロハン恐竜は名前のとおり、セロハンみたいにはんぶん透明です。
鳴き声はなくて、セロハンみたいにはんぶん透明で風にふかれてゆらゆらしています。

セロハン恐竜を見る事ができるのは、雪がやむ真夜中です。
野原につもった雪に月明かりが反射してセロハン恐竜が照らしだされます。

セロハン恐竜は音もなく、のっそりのっそり雪野原を歩いていました。

また雪が降ってくると、セロハン恐竜は雪にうもれて雪野原に消えてしまいました。
posted by 永島大輔 12:49comments(1)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 12:49 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
添え状と封筒 | 2012/12/22 3:29 PM


この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/661