そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 鞄 | main | 1987、ある闘いの真実   チャン・ジュナン監督 >>



ハナレイ・ベイ   松永大司監督

日本人からはみえない、あるいはみようとしない死と隣のあわせの美しい楽園のような島で息子の幻影を追う母親の姿に、目にはみえない友人が嵐の夜に玄関先に訪れたり、部屋の中を漂っていたり、その姿を確認したくて彷徨っていたあの感覚がよみがってきて、とても切ない。

映像の静と動の不思議な極端なつなぎ方。

映像と音のわずかなズレと、映像に重ねられた波の音に揺すぶられているうちに、母親になる前に息子を失ってしまった人(女性)の姿がみえてきて、さらに切ない。

『トイレのピエタ』をみていない事がとても悔やまれる。

posted by 永島大輔 22:04comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 22:04 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1589