そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 長江の眺め 徐辛監督 | main | パターソン   ジム・ジャームッシュ監督 >>



三里塚のイカロス  代島治彦監督

記録映画とはどんな物なのかよくわからない時に出会った小川紳介監督、小川プロダクションの三里塚闘争の映画、その後の山形で撮られた映画は僕にとって記録映画の教科書的な存在です。


小川紳介監督はレギーナ・ウルヴァー監督『ハレとケ』の中で、話をする人を撮影する時に、その人の姿を全体から撮影を始めて話が核心に迫るにつれてカメラが寄っていく『間』の大切さを語っていました。

代島治彦監督『三里塚のイカロス』には、その『間』が受け継がれている。


映画の中で代島治彦監督がかつて三里塚闘争で闘ってきた人達への声がけは暖かくて、優しい。

そして、核心へと迫っていく。


三里塚で撮影されているので、人間が生活するスレスレの空間を飛行機が飛んでいく。

時々、飛行機の爆音とともに話が中断する。

それは、次の言葉を選ぶ思考の『間』のようにも思える。

その瞬間に、飛行機の姿をおさめたカメラが話し手の顔に寄り、次の瞬間に鋭い証言が発せられた時の『間』の見事さ。

動物的なカメラの美しさ。

撮影の対象となる人達の生活に入り、相手の言葉を預かる覚悟、緊張感の凄さに背筋を伸ばしました。


三里塚闘争の事の発端。

成田空港を作ろうと思った人達は国を発展させるために、良かれと思って計画をたてたと思う。

お百姓さん達はご先祖様から受け継いだ土地を守るために反対した。

そして、全国からお百姓さん達を守るために若者達が集まった。


どの立場の人でも出発点にあるのは『善意』だ。

その『善意』が暴走していった時に、それは『怪物』へと変貌していく。

人は不条理な事が起きると「全体主義」や「独裁国家」と非難する。

それは当然の事だけれど、その非難する人間の側にも「全体主義」や「独裁国家」の萌芽があり、いつか開花する日がくるかもしれない。

『三里塚のイカロス』が辿りついた三里塚闘争が敗北した真実には鳥肌が立った。

この映画は三里塚闘争だけではなく、他の出来事や未来の社会で不条理な出来事が起きた時に、読み解く教科書的な存在になる。

こういう映画を記録映画と呼ぶ。


posted by 永島大輔 22:57comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 22:57 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1571