そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< ヤング・アダルト・ニューヨーク  ノア・バームバック監督 | main | 大林宣彦監督祭り >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





チリの闘い─武器なき民の闘争 パトリシオ・グスマン監督

恥ずかしい事を書いてしまいますが、2015年の山形映画祭でパトリシオ・グスマン監督『真珠のボタン』をみるまでチリの歴史を知りません
でした。
そんな僕みたいな人にその時代に何が起きていたのか、わかるようにパトリシオ・グスマン監督『チリの闘い─武器なき民の闘争』は作られています。
ある国が独裁国家へと変貌していく。
現代の人達が過去を回想した記録映画や劇映画はみた事がありますが、その過程を同時代に記録した映画ははじめてみました。

都合の悪い真実は隠蔽される。
時の権力者に都合の悪い出来事は書き換えられてきた歴史を考えれば『チリの闘い─武器なき民の闘争』は奇跡そのもので、真実を記録する事の大切さがビシバシと伝わってくる記録映画です。

チリに住んでいる人達が理想的な社会を目指すために何をすべきか語る時の表情、仕草の豊かさ。生活するために身体を動かす人達の姿は動物の神様が降りてきたような華麗なダンスだった。
その力強さをみているうちに、4時間30分はまたたくまに過ぎていく。
半世紀も前。
異国の人達の姿がついこの前、旅先で出会った人達のように親しく懐かしく思えてくる。
こう思えてくるという事は、ものすごい複雑な編集と音の入れ方をしていると思う。
親しく懐かしく思えば思うほど、頭の中に思い浮かぶのは『真珠のボタン』で描かれた独裁国家になった国でこの人達が辿る運命。
映画が終わった瞬間に訪れる、人間がこの世から消されてしまう怖さ。喪失感。吐き気がするほどの恐ろしさ。
国と国との争いに翻弄された人達の姿をみていたら『真珠のボタン』が何故、国境を越えて人類共通の精神世界に踏み込んでいったのかわかったような気がしました…。







posted by 永島大輔 20:33comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 20:33 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1567