そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< ニュースの真相  ジェームズ・ワンダービルト監督 | main | チリの闘い─武器なき民の闘争 パトリシオ・グスマン監督 >>



ヤング・アダルト・ニューヨーク  ノア・バームバック監督

アメリカのノア・バームバック監督は深刻な問題を正面から扱っているけど、どこをとっても写真集になりそうな映像のかっこよさ。何故か笑わずにはいられない演出の絶妙さ。
笑っているうちに本当に大切な事を教えてくれる素敵な監督です。
『イカとクジラ』『フランシス・ハ』もよかったけど、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』こんなに化けると思わなかった。
ひとりの監督の作品をみ続けてきてよかったと思える作品です。

なかなか映画を完成させる事ができない記録映画の監督ジョシュ(森達也監督『FAKE』をみたら激怒するタイプ笑)が自分よりずっと年下の世代と出会う事で、いろんな発見や刺激を受けていく姿。
同世代の所帯じみていく価値観に対する抵抗感。そのくせ身体は歳をとっていく。
なんかもー、実際、年下の人達と楽しい思いをしてきたおかげか、この大人になりきれない大人達の姿は他人事とは思えないリアルさ。
中2病には国境はないとはよく言ったもんだなぁ…。

映画の中で主人公が映画監督というのはよくあるけど、記録映画の監督はあまりないような気がする。「ええっ?。ノア・バームバック監督って、そんなに記録映画の事が好きだったんですか!?」なんか「好きな○○くんと、おなじバンドが好きだった。やったぜ!」な素敵な展開になるぞ。
そういえばノア・バームバック監督の人物のとらえ方はフレデリック・ワイズマン監督の観察映画みたいな面白さがあるなー。

ベン・スティラーとはいえば監督もされていて『ヤング・アダルト・ニューヨーク』は『リアリティ・バイツ』を思い出させてくれる…と書きたいところなんですが、ヒラリー・クリントンとデートする日が来たらぜひ一緒にみたい『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』がとっても最高です!。
posted by 永島大輔 19:35comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 19:35 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1566