そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 木靴の樹   エルマンノ・オルミ監督 | main | めぐりあう日  ウーニー・ルコント監督 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





風の波紋  小林茂監督

1989年に山形国際ドキュメンタリー映画祭の第1回目が開催された時に、当時、新潟県で『阿賀に生きる』を撮影されていた佐藤真監督をはじめとした、スタッフの方達が山形市の馬見ケ崎川の川原にテントを張り山形映画祭に参加されていました。
その『阿賀に生きる』(1992年)の撮影をされていた小林茂監督『風の波紋』(2016年)をみてきました。

ちょっと話がずれてしまいますが、大重潤一郎監督『小川プロ訪問記』(1981年)の中で、小川紳介監督が大島渚監督との対談の中で、ポツポツと消えていく村、その村の暮らしを記録する事の大切さを話されていました。

消えていった村もありますが、都会から村へ移住されてきた方のおかげで、新しい形をむかえた村もあります。
『風の波紋』の移住されてきた方達、外側の視点の村の生活は昔ながらの共同体としての村の暮らしを感じさせながら、どこか新しさ(物珍しさ)も感じさせると同時に、その昔、その土地で生きてきた人達の経験から生みだされた知恵の豊かさの足跡をたどるようです。
 
状況を説明する字幕スーパーが最小限の『風の波紋』。
どんな状況なのか伝えるための適確な構図、映像の編集のおかげで「あー、そういう事なんだー!」なんとなく、わかってしまうからすごい。
これは、その土地で撮影の対象となる人達と一緒に過ごした人じゃないと撮れない映像です。
僕が書くのも恐れおおいんですが、長年に渡って記録映画を撮ってこられた方の映像はすごいわー。






posted by 永島大輔 19:04comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 19:04 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1562