そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< アイヒマン・ショー | main | 葛城事件   赤堀雅秋監督 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





シン・ゴジラ 庵野秀明監督

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』は本多猪四郎監督『ゴジラ』に対する尊敬の念が溢れた映画でした。なんか泣けてきた。
CGの場面にたくみに織りまぜられた、ミニチュアの場面が醸し出す空間の繊細な美しさは日本映画の大切な宝物だと思う。
本多猪四郎監督と円谷英二監督が現在も活躍されていたら、こういうゴジラを作っていたような気さえしてきます。
初代ゴジラは戦災からようやく復興した東京が再び焦土と化すという第二次世界大戦の記憶を呼び覚ますものであり、その緊急事態に国がどう対応するかという、当時の社会状況を反映させた内容でした。
映画をみるのは大好きだけれど、3.11から5年が過ぎても津波の場面をみると怖くなる事を考えると、『ゴジラ』を昭和29年封切りの時にみた人達の中には、空襲を想起させる場面にはおなじような怖さを感じた人がいるのではないでしょうか?。

歌舞伎に受け継がれてきた見せ場があるように、『シン・ゴジラ』には初代ゴジラのあの見せ場を受け継ぎ、しかも盛りだくさんでみせてくれます。
なんというか、寿司屋で好きなネタをたらふく食べさせてもらっているような幸せな状態。

ゴジラが関東に、東京に上陸する事の意味。
僕が東京にいた頃、今よりもお金が無かったので、お金がかからない散歩をよくしていました。
ロラン・バルト著『表徴の帝国』や藤森照信著『建築探偵の冒険・東京篇』をガイドブックにして、あっちへフラフラこっちへフラフラ。
昭和の雰囲気を感じさせる物件をみているうちに、敗戦から東京をどう復興させていったのか、そこに誰のどんな思惑があったのか肌や空間で感じとる事ができました。

本多猪四郎監督『ゴジラ』には、東京全土を破壊する勢いのゴジラが襲撃しない空間があって、庵野秀明監督『シン・ゴジラ』にもその空間が存在します。
なんでしょう?。
ゴジラは荒ぶる神のようでいて、中心に近づくか悩んでいるような、中心が無くて困惑しているような、この感じ。
バルトが言っていた「中心─都市 空虚の中心」って、この事なんだー!と今ごろ気づいたりする。
たまたま何じゃないの?。
『シン・ゴジラ』には「この状況で外で打ち合わせですか?」みたいな場面が出てきますが、あの場所の歴史は、その空虚の中心と密接な繋がりがあったりするので、庵野秀明監督は確信してると思う。ゴジラの動きの原型をあの芸能に求めたのも納得。
本多猪四郎監督『サンダ対ガイラ』が海彦山彦の話なら『ゴジラ』は空虚の中心(天照大神)とゴジラ(須佐之男命)の話であり、帝が住む都市の話だ。
戦前の日本では神話は現実の世界だった。
作っている人達の趣味を出しているようでいて、帝が住む都市、東京を象徴する存在が重要な役割で出てきてメチャクチャおもろいわー。



posted by 永島大輔 04:59comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 04:59 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1556