そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< しろく ぼんやり うすあおく ひかる | main | 佐藤嗣麻子監督 アンフェアthe endの感想。 >>



忘れた数の月の夜 

懐かしさ。

優しい人に 出会った夜に
大切な人のことを重ねていたら
卑怯なことだと
せめられた

半分の地下の部屋は  
暖かいのに 寂しい
寂しいのは
彼が
涙を浮かべていたからです

なにも
わからなかった
涙の意味も 
言葉の意味も 
僕には

それは 
太陽がのぼる前に 
部屋の隅
電気スタンドの根元に
沈んでしまったから

やりなおせそうにない

月夜の煉瓦塀の坂道は
いままで優しかったのに
知らないふりの
冷たい背中です

いろんな事が心に
絡んでくる
不安の原因は
よく陽のあたる家から
ようやく出会えた 
大切な人と
引き離された夜に始まります

どんなに手を伸ばしても
届きそうにもない 
星の隣にあるから
どうにもならなくて
情けないままです
あんなに 
すみきっていたのに
ひどい言葉を
あびせられて
あっけなく 
世界は濁っていく 

そりゃあ
僕にも 悪い所は
あったけどさ

太陽と月をたくさん数えたら
濁りがとれる日が
くるかもしれませんよ
嘘か本当か 気休めなのか
よくわからないことを
枯葉の海で
云われてから  
数えるのが面倒になるくらい 

それだけの
太陽と月が
いれかわったよ


忘れた数の月の夜
友達の
笑顔と言葉は
5月の隠れ家で
僕に水をくれた人に
重なるものがありました

結局
僕は
卑怯者かもしれないけど
今度ばかりは
やりなおせそうな
気がしてきたよ

ずうっと 
続くものだと思っていた
世界の濁りを
とりはらってくれたのは
なにものにも
とらわれない
純度の高い
彼の
言葉です

忘れた数の月の夜
蛙が嫌いな
男の子の言葉に
僕は
助けられたよ

posted by 永島大輔 20:28comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 20:28 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1504