そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 日本の悲劇   小林政広監督 | main | あいつと僕。 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





道の窪み

道の窪みは そのまま星が迷いこんで
空洞 に ぽっかり なっていたから

縄の梯子で 僕は
みにいくことにした

背中の彼は

人形の ままだから
たいして重荷に ならなかったけど、

おなじ 静脈の火傷がしみるのは

星が迷いこんでいく
あの時に
おきる 風のせいです

posted by 永島大輔 18:22comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 18:22 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1347