そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 遠くの友達の方へ | main | 夕辺の秘密   橋口亮輔監督 >>



シャツをつかむことしかできない

取り壊される事の決まっている
白い壁の部屋は

そのまま 夢のような日々で
続くことがない 寂しさとともに
続いてしまうことの怖さが

まとわりついていた

たいして飲むことの
できないお酒を飲んで
足元のおぼつかない
彼が
白い壁に描いたのは

遠くの海に見える

乗ることのできない
輝いてばかりの観覧車だった

いつになっても

空へ踏み出す 瞬間がつかめないから

異国の文字が水色で記された

彼のシャツを つかむことしかできない





posted by 永島大輔 17:53comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:53 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1318