そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< クラウドアトラス 監督:ラナ・ウォシャスキー アンディ・ウォシャスキー トム・ティクヴァ | main | 彼の背中は春の猫のように頼りない >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





太陽の桶、僕らの退屈。

心の内側を語りだしたところで

すべては
曲がりくねった
光りよりも 醜く
曲がりくねるから

ただ
ただ

退屈して過ごしているんです

太陽の桶の
水面
弾ける事のない

泡の集まりは
みることのない 銀河を真似ています

ただ
ただ

退屈だから
太古の罪は

全ての生き物が
背負うことになったから
全ての生き物が

太古の罪から 解放されました

解放されたから
僕らは 退屈なままで

半分だけの暗闇の中で
金釦を探りあてる
遊戯の後で

太陽の桶を 鞄に隠して
花屋にむかいます

posted by 永島大輔 20:11comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 20:11 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1281