そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< hidekiさんの歌声。 | main | 汗、月、笛。 >>



音と糸

ゆられ ゆられ
地の底から ふいてくる風は

金色の糸です

金色の糸は

丸い水を縛りあげる
つもりでしたが

縛りあげてみれば
金色の糸

残るのは 聴いてもらえない
音ばかり

はるか昔の
出来事の正しさばかり

方角のわからぬまま
投げる礫は

糸の持ち主の
足に絡みつく
蔦の歌声には

何の意味もなさないから

聴いてもらえない
歌ばかり

地の底から響きます
posted by 永島大輔 22:16comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 22:16 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1271