そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 北のカナリアたち 阪本順治監督 | main | はじまりの生物 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





空をながめながら、中華料理。

KIMG0022.JPG
ふだんはスーパーの値引き品を中心にお買い物をしては、やったー!ほうれん草が30円安かったから、古本でも買うかと2000円の古本やら映画代にあてるから、いつまでも続く、贅沢貧乏なわが家だけど、たまには、外でごはんでも食べようかなー。

そんなわけで、ひさしぶりにJR 山形駅西口、霞城セントラルの24階にある、紅花樓さんへ。
はじめて行ったのは、K-20や青い鳥を上映してた年の冬休み。(西暦より映画が時間の目安って、どうよ…)

ビルの24階の中華料理屋さんなんて、値段見たら、ドラキュラに十字架みたいなもんじゃないかと心配になるけど、そこは山形。
いただいたのは、五目あんかけつゆそば890円と若鶏肉油淋ソース480円。これくらいなら、何とかなりそう。
目の前に食べ物が来た瞬間にパクついたもんだから、食べかけの写真になります(笑)。
こちらの料理は、くどくなくて、さらっと体の中に入ってく感じで、安心して食べられます。
五目あんかけつゆそばは、具がたくさん入ってて、食べてると楽しくなります。
うずらの卵を食べるのは、もちろん最後よね。
唐揚げがカリッカリッで、酸味の効いたソースにからめて食べたらうまかったー。

料理がおいしい他に、こちらのお店の特徴は、24階なんで空をながめながら食べられるところ。
この日は残念ながら、窓の席は先客がいらして座れなかったけど。

天気のいい日の青空や夜空を、ながめながら食べていると、すごい、しあわせな気持ちになります。
満月でもながめながら、月餅食べてみたいなー。
posted by 永島大輔 21:17comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:17 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1195