そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 立場逆転。 | main | 少年は残酷な弓を射る リン・ラムジー監督 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





spiral+cafe 山形県東置賜郡高畠町

KIMG0013.JPG
すきあらば、映画を観に行くのもいいんですが、たまにはカフェにも行ってみたい。
まえから気になっていた、spiral+cafeに行ってみました。

高畠町はちょっと歩くと田んぼが広がっていて、稲の香りの中を散歩すると、赤トンボに出会えます。山形は空と大地の距離が短く感じるから、空を散歩している気分になったりする。
JR高畠駅から歩いて5分くらい。
青と白を基調にしたお店です。

『かもめ食堂』を見逃したのが非常に悔やまれる内装。

美味しい珈琲に出会うと、珈琲って、果実の仲間で果汁なんだと思う事があります。
spiral +cafe のオリジナルブレンド。渦と名づけられた珈琲もうひとつ。
名前忘れてしまいました(^^;スイマセン
珈琲を飲んでると、どこかの世界を思い浮かばせてくれるような感じで、果汁感が広がって、さっといい感じで消えていきます。
はてさて、どこの世界を思い浮かぼうとしたんだろ?。
ぼ〜っと、考えてたら、風がカーテンをゆらしてました。カーテン眺めてたら眠くなった。音楽もいい感じでなっている。
内装が青と白が基調なんで、空の領域みたいでいいな。

どこの世界を思い浮かぼうとしたか、また考えに珈琲を飲みに行きたくなりました。

とても居心地のいいcafe です。

気になった方はspiral +cafe で検索してみてください。
posted by 永島大輔 22:48comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 22:48 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1165