そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。




<< 核戦争後の地球  構成:相田洋/小出五郎  | main | えそら みそら >>



つりあげた 魚

つりあげた 魚は

あらあらしくて 怖くて触れない 僕には

だから きみの出番になる
──釣り針の ひとつとれないやつばかり 釣れるなんて 不公平だ

きみは かたほほを ふくらませながら つぶやくから

僕は 炭酸をさしだすんだけど 気のぬけかけた
炭酸なんて おいしくも何ともないから

夢でも 覚めたみたいだった

その証拠に
僕は 釣り針を とってくれた きみのシャツの香りを あてられないでいる

posted by 永島大輔 19:30comments(0)trackbacks(0)pookmark





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 19:30 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://sorairobanana.jugem.jp/trackback/1042