そらいろキップ

言葉や国は関係なしに
汽車に乗り 眠り続ける少年の知らない
記憶の底の底の世界樹が

すべての、真実。







スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





トマトスープ、トマトカレー。

3/23(水)を境に、水道水を飲むのも気になる事態になりました。いつものように水の買い占めに出遅れました(笑)でも、鍋たっぷしの汲み置き+ペットボトル2リットル1本があるから、まぁ何とかなんじゃね?と思ったらすぐ解除になった…。ちなみに水はまだ使いきってない(3/26現在)            春先にトマトは旬の物?かどうかはおいときます。 昨年の夏にトマトが安売りされてた時に作った。『トマトスープ』『トマトカレー』作り方。トマトを適当な大きさに切る→ヘタをとる→鍋に放り込む→点火→トマトがとけるまで煮る。これで下地のトマトスープができあがり。雑な料理だなあ(笑)でも、水は一滴もいらない。       煮る時にキャベツ、玉ねぎ好きな野菜をいれてもおいしくなります。     下地のスープにソーセージとかお好みの具をいれて塩少々いれれば、濃厚なトマトスープ。カレールーを入れれば、あっさりして味の深いトマトカレーになる。            水を安心して飲めない時は、野菜の水分でどんな料理ができるか試してみるのもいいかもしれない。   非常事態の時は『主婦の知恵』が大活躍するね〜(笑)。でも正直言って、はやく日常に戻りたい…。                 ※トマトと言えば長野県栄村のトマトとトマトジュースは味が濃くておいしいです!無事に復興される事をお祈りしてます。
posted by 永島大輔 12:38comments(0)trackbacks(0)pookmark





野菜スープ

いつも家にある野菜。キャベツ、人参、長葱、きのこ、ブロッコリー…固い物を先に、水をはった鍋にいれる。水が煮たってきたら、ササミやソーセージ、冷蔵庫にある物をいれて、火が通ったら、きのこ、ブロッコリーをいれて、軽く火を通して、最後に塩で味をつける。         こんな超手抜き料理なのに、食材本来の甘さがじんわりでていて、おいしい。 自然のありがたみを感じる。           ただ、このおいしさを安心して味わえるのも、きれいな環境があってこそなんですよね。        はやくいろんな食材を安心して味わいたいものです。
posted by 永島大輔 11:55comments(0)trackbacks(0)pookmark





芋けんぴ作ってみた

たまには日常に近い話題で。スーパー行ったら、日持ちのしない納豆、豆腐が売り切れ!保存できる乾物、豆類はそのまんまだった(笑)何か、ちょっと手の込んだ料理作ったら、買い占めしなくてすむんじゃね?(笑)スーパーで豆買って、八百屋さんでさつまいも買いました。        さつまいもを千切りにして、バターで炒めて火が通ったらお好みの砂糖をかけて「芋けんぴ」のできあがり。冷蔵庫に入れたら3日間は持つかな?昔ながらの日本の家庭料理は本当、便利だね^^。 
posted by 永島大輔 17:19comments(0)trackbacks(0)pookmark





豆にはまりました…

記事のバランスが無茶苦茶ですが、あまり気にしないでください(笑)     1週間くらい前に、節分豆を食べだしたのがきっかけで毎日一袋あけてしまうありさまです。      大豆以外にもスーパーで小豆の水煮を見つけて、水と黒砂糖で煮てみました。これをカボチャ煮、一緒に煮たさつまいもにかけたら、素朴な食感でおいしかったです♪。        あと節分が終わったら、豆を手にいれにくいかと思うと、ちょっとかなしい永島でした。
posted by 永島大輔 20:21comments(0)trackbacks(0)pookmark





カボチャ かぼちゃ 南瓜

久しぶりに更新したと思ったら、よくわかんない詩だ…。          野菜の値段が高くなって、違う国に旅行でもしてる気分。安くて、でかくて、おいしいもの…そんなわけで、連日南瓜中心の永島家です。こんなに、南瓜ばっかり食べて大丈夫なんでしょうか?一月近く食べるような気がする…。     朝昼晩、南瓜煮で飽きてきたんで、南瓜を1センチくらいに切って、バター焼きにしたら、甘くておいしかった〜。         ゆっくり、時間をかけて焼くのがおいしくできるコツみたいです。
posted by 永島大輔 20:19comments(0)trackbacks(0)pookmark





バナナ牛乳を飲みながら、本でも読もう。

夏になると野菜ジュースが飲みたくなる。
スーパーで何本か買っているうちに(ミキサーを買って自分で作ったほうが安あがりじゃね?)というわけでミキサーを買ってみました。

まっさきに作ったのが野菜ジュースじゃなくて、バナナ牛乳。
バナナにはいろんな思い出があるから、スーパーで茶色くなって半額なんてシールが貼られていると、そんなバナナが不憫でついひきとってしまいます。
料理の本には牛乳○○に対してバナナ○分の3とか、書いてあるけれど、残されたバナナの気持ちを思うと、まるごと1本ミキサーにさようなら。
バナナと牛乳がよくわからない音楽を奏でて40秒くらい。
ミキサーの中が雲を詰め込んだみたいになる。

できたてのバナナ牛乳は、甘い香りをただよわせる雲のかたまりで、口の中で溶けていく瞬間、とても幸せな気持ちになる。
翌日、値段の安さにつられて、少し青いバナナをひきとることになって、また、バナナ牛乳を作ってみる。
少し青いバナナのバナナ牛乳は、おなじ雲のかたまりでも、なんだかほろ苦い気持ちになる。

買い物の帰りがけに「坂道のアポロン」(小玉ユキ著)というマンガを買ってきた、めちゃくちゃ面白〜い♪ほろ苦いバナナ牛乳を飲みながら読むとなんだかしっくりくる。
西見くんの役を本郷奏多さんとか、頭の中で勝手にキャスティングしているうちに、陽が暮れる。

何か暑いと文章がさらにまとまらない…


posted by 永島大輔 19:54comments(0)trackbacks(0)pookmark





7月のコップの吹雪はおいしい

こんばんは

暑い日はレモネードなんていかがでしょうか?
作り方はレモンを切って…なんて面倒くさいくてやりません(笑)。
国産のレモン果汁でよさそうなのがあったんで、買ってみました。

大きめのコップに、その時の気分しだいでレモン果汁をどぼどぼ。
そこに炭酸水を注ぎます。フランスのPerrierはおいしいと思う。

炭酸水を注いだ瞬間、コップの中が吹雪みたいになる。
7月の吹雪は暑いからあっという間になくなる。
ドライアイスを水にドボンと落とすくらい楽しいし、自家製なら砂糖も入らないし、レモン果汁の濃さも調整できる。

そんなわけで、7月のコップの吹雪はおいしいです。

お酒まぜてもいいかもね。

では、おやすみなさい。


posted by 永島大輔 23:07comments(0)trackbacks(0)pookmark





コーヒー冬眠中。。。

だいぶ暑くなってきました。
暑くなったら飲みたいのがアイスコーヒーです。

この前、下高井戸シネマでフローズン・リバーを観た帰り道、南蛮屋さんでいただい
たアイスコーヒーがうまかった。
おいしいコーヒーって、コーヒーの油分がいい感じでとろっとしてます。
おいしい野菜や果物で作ったジュースのようにおいしい。
何かチョコレートのジュースみたいです。
ああ、こんなアイスコーヒーを毎日飲みたい…豆を買ったけど、なかなかあの味にな
らないなぁ…。やっぱ、そのつど挽かないとだめかなぁ。

コーヒーの淹れ方はいつもと同じで、淹れたら氷水の中にコーヒーが冷めるまでつけ
ておきます。
そのあと、冷蔵庫でコーヒーは冬眠中。

翌朝、そのままでもいいし、時には牛乳でわって、カリッカリッに焼いたパンをかじ
りながら飲むと最高です。


いつもおなじみの町で映画を観たり、コーヒー豆を買ったりして、何かほっとできていいけれど、たまには違う町に行ってみようかなぁ…。
コーヒー豆をいれるアルミ缶をバックにつめて。


posted by 永島大輔 20:25comments(0)trackbacks(0)pookmark





フレンチトースト

毎日、毎日土鍋でご飯を炊く日々で、おかずも味噌汁にめざしに納豆…。
三丁目の夕日読んでたら朝ご飯の内容がほぼ同じでふきだしてしまいました(笑)
昭和30年代なわが家の食事、た、たまにはパン食いて〜!

そんなわけでフレンチトーストをたまに作ります。
考えたらフレンチトーストって食べた事がなくて未知なる食べ物。

食パン、雑穀パン…試してみて、バタールを4〜5cmに切って牛乳100ml、卵1個、粗糖小さじ1をまぜた液体に15分くらいつけて(途中で裏返して、反対にもつけます)から、バターでもオリーブオイルでも好きなのをひいたフライパンで気長に焼きます。
あまった液体はバタールの上からかけちゃいます。
すぐ動かすと、卵が崩れちゃうんで気長に本でも読んでみる。

裏返して、いい感じで両面キツネ色になったらできあがり。

食べてみたら、でかいプリンみたいでうまかった〜。
いいパン屋さんに出会えると美味しさが倍になります♪
この前使ったのは代々木上原のカタネベーカリーさんのバタールでした。
ここのパンは美味しいです。





posted by 永島大輔 21:51comments(0)trackbacks(0)pookmark





フレンチトースト

前の日の記事の落差とか気にしないでいきましょう(笑)

昨夜はものすごい嵐でした。
みなさんの所は大丈夫でしたか?

春が近づいて気温が上がってきたら、何故かふわふわして黄色いものが食べたくなってきました。
そんなわけで、フレンチトーストを作ってみました。

ドイツの酸味の効いたパンが手にはいったんで、卵+牛乳+砂糖の液体にひたして、
フライパンでジューッ。

食べてみると、卵のほのかな甘みとドイツパンの酸味、もちもちした食感が混ざりあ
って、不思議な美味しさでした。
卵って素敵な食材ですね。

美味しいのはいいんだけど、パンだと消化がいいから、すぐ、お腹が減った…(*_*)
ぐ〜。
明日は鶏肉の挽き肉でハンバーグつくろうっと♪

※先日、ハーブティーでゼリー作ったら美味しいかも…と書いたんで、粉寒天で作っ
てみました。。。ハーブティーは、温かいまま飲んだほうが美味しいという事がよく
わかりました(苦笑)(*_*)
posted by 永島大輔 20:15comments(0)trackbacks(0)pookmark